コース紹介

算数教室「Yoknal」 ロボット教室

学習法ガイド

教えて!!HowTo!!

実施している検定

漢検 数検

法則1.間違い直しは間違い探し&ポイント探し!

一問だけ例を挙げて一緒に考えてみましょう。 
 
Q1.次の文章を英文に訳しなさい。 
 ①私は明日、野球をするつもりです。 
  × I play baseball tomorrow . 
  ○ I will ( am going to ) play baseball tomorrow . 
 
 上の問題で間違えてしまいました。まず、間違えてしまった場所を探してみましょう。playの部分が違うようですね。【ここで正しい文章を書いて終わりにしてはいけません】!どうして上の文ではいけないのか。ここで見落としたポイントがtomorrowだと気付けばGood!tomorrowは「明日」という未来の意味を持っています。ですから、現在形のplayだけではいけないのです。未来を表す表現は、主語の後ろにwillやbe going toを付けるなどがあります。 
 このように、英語の表現では、いろいろなルールがあります。文法事項や時制など、一つ一つ間違えた場所・正解を導くためのポイントを丁寧に確認していきましょう。 
 
~間違い直しのやり方~ 
①間違った問題に黄色の蛍光ペンなどでチェックを付け、赤や青のボールペンで間違えの訂正を! 
②自分がどのポイントで間違えたのか考える。(単語のスペル?動詞?前置詞?) 
③正しい答えを導くためのポイントを書き込む(単語の役割・意味の補足や関連付け)。 
④どうして自分が間違えたのか、見落としたポイントはどこなのか、きちんと説明できるかな? 
⑤説明できたらバッチリ理解!同じミスは繰り返さないはず! 
※単語のミスなどは人によって対策が違います。書いて覚える、読んで覚えるなど、自分に合った練習法を見つけましょう!

偉人

知るだけでは不十分である。
活用しなければならない。意思だけでは不十分である。実行しなければならない。
by レオナルド・ダ・ヴィンチ

答えてGチャレンジ ※クリックするとクイズが表示されます。

ページTOPへ

スーパーマン

カリキュラム

×

Gチャレンジ背景

「ステーキ、サッカー、シーソー、チーズ」という言葉はある法則で集められた仲間である。では、このグループに入ることができるものは、ジュース、ビール、スープの3つのうちどれか。
×