コース紹介

算数教室「Yoknal」 ロボット教室

学習法ガイド

教えて!!HowTo!!

実施している検定

漢検 数検

法則2.地理のデータは【電車法】で覚えるべし!

用語を一生懸命覚える人がいます。国名、首都、都道府県に県庁所在地、河川、山脈や平野名まで!これは大変ですね。書いて覚えるといっても、一つ一つをひたすら覚え続けるのには限度があります。 
 
ここで工夫してもらいたいことは、【場所とその地域にちなんだデータをつなげて覚える】という電車法です。地理のテストでは、地名ばかりが聞かれるわけではありません。気候や特産品、産業の発展や伝統文化など、問題の出され方は非常に豊富。重要な語句やデータを電車のように連結させて覚えましょう。 
 
国語でも紹介する短文法などでも問題ありませんが、まずはキーワードをつなげるところから始めてください。 
 
例1) 中華人民共和国-一人っ子政策-社会主義国-東部に経済特区(資本主義受け入れ)-国土面積世界4位 
 
例2) 新潟県糸魚川-東日本と西日本の境目-フォッサマグナ(活断層)-コシヒカリ 
 
例3) エクアドル-南アメリカ大陸北西部-赤道直下の国(緯度0度) 
このように、テストで聞かれるキーワードとつなげて国の特色をつかんでいきます。時事問題などで問われるような話題性を持った国の場合は、積極的に後ろにつなげていきましょう。

偉人

知るだけでは不十分である。
活用しなければならない。意思だけでは不十分である。実行しなければならない。
by レオナルド・ダ・ヴィンチ

答えてGチャレンジ ※クリックするとクイズが表示されます。

ページTOPへ

スーパーマン

カリキュラム

×

Gチャレンジ背景

「ステーキ、サッカー、シーソー、チーズ」という言葉はある法則で集められた仲間である。では、このグループに入ることができるものは、ジュース、ビール、スープの3つのうちどれか。
×