コース紹介

算数教室「Yoknal」 ロボット教室

学習法ガイド

教えて!!HowTo!!

実施している検定

漢検 数検

法則2.早くからでも遅くからでも実は強みがある!

「英語は小さい頃から始めよう!」という考え方が根強いのですが、実はインプットとアウトプットによって学習に適した時期があると言われているのをご存じですか? 
 
① 0~6歳   ⇒ 発音を身につけるベスト期間 
② 12,13歳まで ⇒ 英語の構成を理解するベスト期間 
 
英語はタイミングを逃したらアウト!というイメージがどうしてもつきものです。英語の学習を考える上で、年齢別の強みを見てみましょう。 
 
0~6歳までの期間は、母国語のクセが定着していない分、日本語以外の言葉の発音などをすんなりと受け入れられる時期です。この積み重ねはアウトプットでもインプットでも役に立ちます。相手が何を言っているのかを聴き取るときや、正しい発音によって相手に自分の伝えたいことを正確に伝えるときなどに、発音などの表現力は欠かせません。 
 
では12,13歳の期間はどうでしょうか?「うちの子小学生になって初めて英語にふれたのだけれど……。」と肩を落とす必要はありません。0~6歳の期間では、文章の中での単語の関連性や意味などはなかなか理解できないからです。綺麗に発音ができても、言葉の意味や文のつながりを理解していなければなかなかコミュニケーション力にはつながりません。それに対して、英文の組み立ての意味を捉える【理解力】は12~13歳までの期間で最も高まると言われています。 
 
一度身に付けるとぬけにくい0~6歳、身に付けるまでには練習が必要だけれど理解が速くなる12,13歳までの期間、英語をマスターするタイミングは一つだけではないのです!

偉人

願望は寝ても覚めても忘れるな。
一時も忘れずに心がけていれば、かならず成し遂げられる。
by 伊能忠敬

答えてGチャレンジ ※クリックするとクイズが表示されます。

ページTOPへ

スーパーマン

カリキュラム

×

Gチャレンジ背景

私の住んでいる村では、滅多にバスが来ない。それに、いつもバスに乗っている人のうち半分の人しかお金を払っていない。もちろん定期や回数券でもない。いったいどうしてだろうか?
×