コース紹介

算数教室「Yoknal」 ロボット教室

学習法ガイド

教えて!!HowTo!!

実施している検定

漢検 数検

算数「Yoknal」について

キミはもっとよくなる。

学力の貯金~明日(未来)に挑むこと~

「Gスクール式自立学習」では、生徒一人ひとりが高校レベルの学力を身につけることが目標です。

計画的な見通しを立てて、無理なく「その子にぴったり」の学習で進む生徒は、学年を大きく超えた脳力(学力)を、自ら確実に身につけていきます。

すべての子どもたちの目の前には、幅広い選択肢と無限の可能性が広がっています。しかし、その選択肢や可能性が、『学力が届かない』という理由で閉ざされてしまったり、限定されてしまったりすることは、とても勿体ないことです。

彼らが「こうなりたい!」と思えることに出会うまで、きっと多くの人々や出来事に遭遇することでしょう。時には仲間の力を借りることや、時には一人で深く考えることもあると思います。

そんな時には、Gスクールで育んだ「自ら前進する力」が大いに役立つはずです。学力の貯金・明日への挑戦が、子どもたちにとっての【生きる力につながる】のです。

無限に広がる将来への可能性を最大限に引き出すため、子どもたちと今を越えていきます。

Gスクール式自立学習法

Gスクール算数教室Yoknalでは、一斉授業ではなく、クラス分けもありません。学年・年齢に関係なく、自分の学力に合った「ぴったり」のプリントを自分の力で解き進めます。

同じ学年・年齢であっても、子どもたちには一人ひとりの歩幅があります。それぞれの子に、「ここならできる」「ここまでならわかる」というところが必ずあるはずです。

勉強が進まないという問題は決して子どもが悪いからではありません。適切な教材・ぶれない指導があれば、どの子も伸びていける。Gスクールはそう考えています。

Gスクール式自立学習法で育まれるのは、次の2つの大きな力です。

1.目に見えて実感できる力

  • 学校の成績が上がった
  • 実力テストで力を発揮できた
  • 本をよく読むようになった
  • 他の教科もできるようになった
  • 志望校に合格できた

このような「具体的な学習効果」を指します。

目に見える力を支えるのは「基礎学力」です。つまり、学習の中で絶対に向き合う根幹の「読み・書き・計算」のことを指します。

2.目には見えない人間力

  • 無理なく毎日続けることで身につく学習習慣
  • 一定時間学習することで培われる集中力・処理能力
  • 自分の力で「できた」「わかった」という経験が育てる自信
  • 自分で間違いを訂正する事で高まる注意力・ねばり強さ
  • やりたくない気持ちに打ち勝つことで磨かれる自律心
  • 学年以上の内容を理解する努力で深まる考える力
  • 未知の領域に自分から取り組む経験が育む挑戦心・向上心

このような、いわば豊かな人生力のことです。

「させられている」という受け身の学習ではなく、自分の手を動かすことで育つ、「コツコツと学んで身につけた学力」や、「豊かな人生力」は、きっと一生の宝になります。そして、子どもたちが自分の歩みに大きな充実感を感じることができるでしょう。

子どものときにしてほしい経験

どんな時でも、決して諦めたり、逃げ出したりしないこと。そのために、自ら考え、迷わずに行動すること。

将来そんな大人になるためには、子どもの頃から自分で考え、自分の力でやりぬくという練習をしておく必要があると、Gスクールは考えています。

たとえ小さな挑戦であっても、自分で自分のカラを破り、自らの可能性を広げて進んでいくという経験を、子どものときにしてほしい。将来、自分の夢や目標が決まった時に頑張ることのできる底力を身につけておいてほしいと願うのです。

Yoknalの特長

Yoknalは、算数基礎学力を自学自習形式で個人別に伸ばしていく学習法です。その特長は大きく3つあります。

~自学自習の仕組み~

Gスクールでは、一方的に教え込むような形式はとらず、"自力"で解くこと、すなわち「自学自習」を大切にしています。

受け身ではなく、自分の力で課題に取り組んでこそ学習意欲が芽生え、さらに先に進もうとする向上心が生まれます。どんな時でも自分で解き進むことができるよう、教材の導入部には必要な解説や例題を設けるなどの工夫がされています。

学力にちょうどあった教材であるからこそ、100点が取れ、間違えていたとしても少しのヒントがあれば自分で正解に辿り着くことができます。解き方や答えを暗記するのではなく、答えを自分で導き出していく力は、やがて夢や目標に挑戦する力になっていくことでしょう。

~スモールステップの教材~

算数教材 Yoknal は、一人ひとりが無理なくスムーズに学習を進めていけるよう、すべての教材がやさしい問題から、高度な問題へと、非常にきめ細かな「スモールステップ」で構成されています。

そのため、どの子も自分自身の力で、少しずつ着実にステップアップしていくことができるのです。

情報が脳に到達し、一応の定着をみて知識に変わったとしても、それを自由自在に使いこなせるわけではありません。「一応知っているけど、応用はできない」という状態です。これが、深く理解するに至り、自分のものになった状態、いわゆる「応用力がついた状態」になると、知識は知恵に変わります。

知識は、時間が経つとしばしば忘れてしまいますが、知恵は、時間が経っても忘れることはありません。なぜなら、人格の芯まで染み込んでいるからです。

ヒトという知的生物として生まれてから今日まで、獲得し続けた「知恵」の総体がその人の「人格」である、私たちはそう考えています。ですから、Gスクールの学習観は、「知識では足りない、知恵まで届かせよう」というものなのです。

そんな時には、Gスクールで育んだ「自ら前進する力」が大いに役立つはずです。学力の貯金・明日への挑戦が、子どもたちにとっての生きる力につながるのです。

無限に広がる将来への可能性を最大限に引き出すため、子どもたちと今を越えていきます。

算数「Yoknal」についてのご質問

Q

授業のスタイルについて教えてください。

A

授業スタイルは、一斉でも個別でもありません。生徒一人ひとりの進度にあわせた学習プリントを、自立学習スタイルで行います。

Q

授業時間は何分ですか。

A

生徒により学習プリントの枚数が変わりますが、時間にして20~30分程度の学習時間になります。毎日、家庭でも継続して学習できるようにこれ位の時間を目安に宿題にも取り組んでもらいます。

Q

対象の学年は、小学生だけですか。

A

年長さんから、募集しています。小学生でも中学数学を学習する生徒もいます。
また、中学生でも算数の基礎を学び直し、きちんと基礎を短期間で固め、今の学年を追い越し先の学年の学習内容をする生徒もいます。

Q

中学受験を考えているのですが、対応できますか。

A

先の学年を学習することで、今の学年の内容がさらに理解できるようになります。
例えば、方程式の学習をすることで「つるかめ算」「旅人算」などの高度な受験算数の内容が深く理解でき、きちんと正解を導くことができます。

Q

教科は、算数だけですか。

A

「Yoknal」で学習するのは、算数のみです。算数を得意教科にすることで、ほかの教科が自然と理解できるようになります。
たくさんの負荷を与える勉強法ではなく、勉強のやり方を身につけることが大事だと考えているからです。

偉人

はじめはとても難しいことも、
続けていれば簡単になります。
by ヘレン・ケラー

答えてGチャレンジ ※クリックするとクイズが表示されます。

ページTOPへ

スーパーマン

カリキュラム

×

Gチャレンジ背景

たくさんの荷物を抱えたお年寄りが電車に乗り込んできたのに、誰も席を譲ろうとしません。その理由は?
×